クロスファイア

モード・マップ

チームマッチ

SUBWAY BLACK LIST MISSION 爆薬の爆破成功。もしくはGLOBAL RISK部隊の殲滅。 GLOBAL RISK MISSION 爆薬の爆破を阻止。もしくはBLACK LIST部隊の殲滅。

BlackListの作戦が始まったところは地下鉄の車庫だった。

地下鉄の運行が中断された時刻。BlackListのテロリストたちは車庫を占領し、
一台の列車を奪取して都心の中央に位置するシティーホール駅に向かって出発した。

その列車の中には街の2ブロック分を痕跡もなく吹き飛ばせる爆薬が搭載していた。
その列車を阻むものは何もなかった。地下鉄の遠隔統制の権限も既にBlackListから確保しており、
彼らの作戦は予想通りに進んでいるように見えた。

だが、シティーホール駅にまだ達してないカナルストリート駅にて予想していなかった事態が起きた。

列車が脱線したのである。

事故というには、状況の深刻性が大き過ぎた。爆薬の遠隔操作機能も壊れ、列車はもう動きそうになかった。
残っていたエージェントのほとんども事故で大きく負傷しており、戦闘が出来る人数は8名あまり。

事実上、任務を失敗した瞬間だった。
このままでは警察や、他の目撃者が来る可能性が高かった。
だが、状況はもっと最悪になっていった。GlobalRiskの精鋭エージェントが入ったのであった。

彼らの動きは素早かった。おそらく列車の脱線も彼らの意図だったのであろう。BLに残った選択肢は2つしか残されていない。
襲い掛かるGlobalRiskを全部殲滅し、生き残るか、爆薬を強制的に爆破させGlobalRiskはもちろん、この一帯と一緒に爆死するか。

もちろん、どの選択肢を選ぼうが、彼らの前に激しい戦闘が繰り広げられるのは確実であった。

だが、ここで進撃を止めるGRXの精鋭エージェントではなかった。
エージェントたちはまもなく広げられる最終決戦に向けて緊張感を持って進撃した。

Satellite Base BLACK LIST MISSION GLOBAL RISKの衛星基地爆破の成功。もしくはGLOBAL RISK部隊の殲滅。 GLOBAL RISK MISSION BLACK LISTの衛星基地爆破の阻止。もしくはBLACK LIST部隊の殲滅。

衛星側位システム(GNSS)。宇宙の軌道を回っている衛星から地上の位置情報を提供するシステムである。
GlobalRiskは数多くの作戦を遂行し、集めた資金でGNSSを配備した基地を建設、
より迅速に作戦が遂行できるようになった。

これに反し、テロリストたちは自分たちの作戦が過去のケースより早く、GlobalRiskに阻止されることを感じていた。
だが、その原因を特定できず、BlackListに援助を要請した。

BlackList側も最近のGlobalRiskの素早い対応作戦に変化を感じており、この要請を受け、原因究明に行うことにした。
BlackListはテロ現場から任務を終えて撤収するGlobalRiskの後を追い、彼らの中継基地を見つけだす事に成功。
基地内のどこからか流れている通信電波を傍受・解析し、別の基地から送信されている物だと判明した。

その位置はアメリカのフロリダ州にある衛星基地であった。

衛星基地の発見と同時に、これまでGlobalRiskの衛星基地から自分たちの情報が筒抜けだったことに大きく憤慨した。
BlackListの首脳部は[衛星基地を破壊しろ]と実行部隊に指令を出した。

“徹底的に基地を破壊しろ!俺たちを監視出来ないように、奴らの目を遮断せよ!”

New Greece BLACK LIST MISSION GLOBAL RISKの軍需品と爆発物の爆破の成功。もしくはGLOBAL RISK部隊の殲滅。 GLOBAL RISK MISSION BLACK LISTの攻撃から軍需品と爆発物を死守。もしくはBLACK LIST部隊の殲滅。

新年を迎えたときめきに全世界が浮足立つ1月1日。
ギリシャのリゾート地サントリーニもまた、他の場所と別段変わらなかった。

世界はまだ戦争とテロの脅威に脅かされており、サントリーニもまた、
数回に及ぶBLACK LISTのテロの脅威に不安なひとときを送ることもあった。

しかし、新年がもたらす楽しさがこれらの不安を一瞬忘れさせてくれるかのように、
青い海と白い砂浜に似た、白と藍が調和したサントリーニ特有の建物にはそれぞれ新年を祝う装飾が
フサフサとぶら下がっていて、街の通りは人波でいっぱいだった。

一方、閑散となった街の片隅では、GLOBAL RISKの記章をつけた傭兵達が忙しく動いていた。

GLOBAL RISKの目的は、BLACK LISTにより相次ぐテロの脅威から民間人の安全を守るため、
危険物と軍需物資を安全な地域に移すこと。

その軍事的な動きが祭りの楽しい雰囲気を壊し、市民や観光客が不安を抱いてしまう
という理由で一部では批判があったが、これはまさに不安を感じる人々のための作戦だった。

GLOBAL RISKの隊員は、この作戦の間中、良くない視線に耐えなければならなかったが、
自分たちの行動がただの杞憂で終わることを望んだ。

しかし、GLOBAL RISKの憂慮は、サントリーニ市内に響きわたる爆発音と共に現実のものとなってしまった。

爆破現場は凄惨だった。
濃い煙の中で市民や観光客が大きな傷を負い、悲鳴を上げており、
とても楽しげだった新年祭りの街の様相は、一瞬にして阿鼻叫喚の地獄絵図に変わっていた。

BLACK LISTのテロであることが明らかだったが、テロを敢行したBLACK LIST傭兵の姿は見えなかった。
GLOBAL RISKの部隊員は、そのまま爆破現場に投入され、混乱を静めることに力を注いだ。

しかしその時、監視が崩れた隙に乗じて、隠れていたBLACK LISTの傭兵たちが危険物と軍需物資を襲撃する。
BLACK LISTにとって多数の民間人の死は、GLOBAL RISKの目を引くためだけの誘引策に過ぎなかったのだ。
残っていたGLOBAL RISKの傭兵は、より大きな被害を防ぐべく、武器を握りしめた。

Under Base BLACK LIST MISSION 基地爆破の成功。もしくはGLOBAL RISK部隊の殲滅。 GLOBAL RISK MISSION 基地爆破の防止。もしくはBLACK LIST部隊の殲滅。

その地下基地はシベリア永久凍土の真ん中にあった。

過去の冷戦期にソ連によってつくらた秘密基地で、生物化学兵器の研究施設だった。
吹雪と低温という厳しい環境のおかげで侵入者を自然と防ぐことができ、
研究物が流出しても拡散の危険性が少なかったため、この基地は生物化学兵器を研究するための天恵の要塞とされた。
国家の体制が変動し、一時閉鎖される予定だったが、
混乱にまぎれて関連する文書が多数消失・隠蔽されたせいで、永久閉鎖になってしまったのだった。

このまま忘れ去られてしまうかにみえた冷戦の亡霊は、
地球温暖化で吹雪が徐々になくなったことで、再びこの世に姿を現す。

ロシア政府は、この基地が生物化学兵器を研究していた施設であることをつきとめ、
基地の廃棄をGLOBAL RISKに要請する。
恐ろしい生物化学兵器が、軍部の腐敗した誰かの手に渡ることへの懸念からだった。
この日におけるGLOBAL RISKは、信頼できる団体であった。

だが、 GLOBAL RISKがこの危険な任務を抱えてシベリアへ向かう最中、
この基地の情報がロシアマフィアに流出してしまう。
マフィアは生物化学兵器の金銭的価値を高く評価し、その確保をBLACK LISTに依頼する。

問題の基地に到着したGLOBAL RISKの精鋭要員は、一連の廃棄作業を実行していた。
基地の中には誰も出入りした痕跡はなかった。
施設が老朽化して保管機器から生物化学兵器が流れ出し、研究物の確保は不可能な状態だったが、
幸いなことに保管所の機密は保たれていたため、機器が整えば廃棄は可能だった。

その時、轟音が聞こえた。 BLACK LISTの特殊部隊が基地の壁を突き抜けて侵入したのだった。
この状況ではBLACK LISTの方法はあまりにも危険だった。
生物化学兵器を奪取しようとする目的を持った彼らは、
流出した化学ガスでいっぱいになった保管所の扉を爆破しようとしていたのだった。

GLOBAL RISKの精鋭要員はそれぞれ自分の武器を構え、共倒れを防ぐための戦いを準備した。

Spain BLACK LIST MISSION 秘密基地を破壊する。 GLOBAL RISK MISSION 秘密基地破壊の阻止。

「スペイン南部のアンダルシア地方の都市は、いつものように静かなだけだ。
しかし、いつもとは違うこの静けさは、戦闘が迫っているという不吉さを示唆することもある。 」

一ヶ月前Global Riskは、スペイン関西からの要請で薬物根絶のための麻薬密売の調査を行った。
専門調査員の調査により、麻薬密売の中心にはBlack Listが位置しており、
麻薬密売による収入を軍資金として使用していることが判明した。

Global Riskは調査報告後、即時にBlack Listの資金需給を遮断する作戦を決定することになる。
今から3時間後、麻薬密売の場所に指定されている「マラガ」で作戦が開始され、
秘密の工場を拠点に待ち伏せしてBlack Listを迎えるだろう。

しかし、 Global Riskの計画は、意図したとおりに進まない。

むしろGlobal Riskの計画を把握したBlack Listの要員が、逆にGlobal Riskが待ち伏せした拠点基地を破壊する準備をしている。
Black ListはGlobal Risk襲撃のために意図的に麻薬密売に関する情報を餌にGlobal Riskを誘導したのである。

二つの思惑が交差するとき、激戦の始まりを知らせる銃声が鳴り響く。

Matsuri BLACK LIST MISSION 秘密基地を破壊する。 GLOBAL RISK MISSION 秘密基地破壊の阻止。

アジア大陸の東の端に位置する国の大都市は、北部と南部の中間に位置して、陸地と海洋を結ぶ地域で交通の要衝だ。 GRの中央本部では、その都市の歴史を調査した結果、 長年にわたって軍事的な要衝として武力衝突が多く発生していることが判明した。 戦略的な場所で活用価値が高いことが利点だと判断して、秘密基地を建設することを決定する。 新築を強行するためには口実が必要とし、近年の都市政策は、島と陸地をつなぐ橋を利用して、 地域の観光事業を活性化しようとする動きを見せており、祭の町もその中の一部であることを利用した。 祭の町の大々的なフェスティバルを計画して、 名分を作って拡張や改修に着手することで、秘密基地建設工事を進めることとなる。 しかし、工事途中でBLが急襲し、一般市民の工事関係者たちを無差別に殺害するテロを始めた。 おそらく、工事関係者の中にスパイが紛れており、GRの意図を把握し、浸透作戦を開始したのであろう。 緊急時のため、地下に待機していたGR隊員が急いで地上へ移動し、隊列を整えた。 彼らの目の前に広がる黒い空と、より明るく鮮やかな光で地上を照らす複数の照明を見ていると、 戦闘よりも祭に適した場所であるようだ。 だが、今日はそんな日ではないという点が残念である。

HILLS TOWN BLACK LIST MISSION ホテル爆破テロの成功。 GLOBAL RISK MISSION ホテル爆破テロの阻止。

ビバリーヒルズの超豪華ホテル「ヒルズタウンホテル」。
いつもなら余暇を楽しみに来た観光客のリラックスした笑い声があふれる場所に、
今日は戦雲たれこめる緊張感が流れていた。
それは、3年という長い間続いていたA国の内戦を終息することができる非常に重要な取引が行われるためだった。

米国の主導の下、秘密裏に進行されたこの取引は、A国の首長が解放軍に権力を継承し、
長く続いた内戦を終えることを最終目的としていた。
取引が成立すれば解放軍を支援してきた米国はA国に対して大きな影響力を持つ事ができ、
首長は資産の全てと共に第3国への亡命を約束されていた。
しかし、この計画は、BLACK LISTの情報網に捉えられてしまう。

BLACK LISTの信念上、A国が米国の支配を受けるのは、望まない状況だった。
加えて、継続的な利益のために内戦をさらに長期化させる必要があった。
これにより、BLACK LISTは取引の場所であるヒルズタウンホテルにテロを敢行することにより、
A国の首長が求めていた金の延べ棒を焼失させ、彼の身辺も脅かし、取引を妨害する作戦を計画する。

取引日。
BLACK LISTのテロ部隊は、ヒルズタウンホテルに侵入するが、予期せぬ状況に出会う。
GRの精鋭部隊がホテル内に隙間なく配置されていたのだった。

BLACK LISTは当初より大きな被害を予想したが、すでに開始された作戦の中止は不可能であり、中止する気も無かった。
彼らはむしろ、期待に満ちた笑顔を浮かべた。強い敵との戦闘を長く待ち望んでいたかのように・・・

はたしてBLACK LISTは、テロを遂行することができるだろうか?
GLOBAL RISKは、金を死守し、テロを防ぐことができるだろうか?

DownTown BLACK LIST MISSION 都市爆破テロの成功。もしくはGLOBAL RISK部隊の殲滅。 GLOBAL RISK MISSION 都市爆破テロの成功。もしくはGLOBAL RISK部隊の殲滅。

北米の北部の外れに位置したある検問所で約10名のテログループによる銃の乱射事件が発生した。

犯人は逃走したが、その後の保安部隊の周辺調査によって、
大量の弾薬と爆弾が発見されたことで、これが単なる事件ではないことを知るようになる。

そしてテロ組織により
「都市の『DownTown(ダウンタウン)』への爆弾テロを敢行する」という犯行声明が発表されると、
保安部隊は都市の中心地、及び外国人の居住地域を中心に検問と調査を強化し始める。

その結果、テログループを拘束し、爆弾テロ事件は終結したかに見えた。

しかし、捕らえたテログループ一員の証言から、これが陽動作戦であり、
テロの実行部隊は彼らではなく、彼らに依頼されたBLACK LISTである事を知った。

保安部隊は急遽、現地に駐屯していたGLOBAL RISKに依頼し、
都心の爆弾テロ阻止を要請する事になった...

DesertStorm BLACK LIST MISSION 給水施設の破壊成功。もしくはGLOBAL RISK部隊の殲滅。 GLOBAL RISK MISSION 給水施設の破壊阻止。もしくはBLACK LIST部隊の殲滅。

砂漠にある一国に奇跡が起きた。砂漠の片隅で地下水が発見されたのだ。
水は大都市にまで支給され、国家は莫大な水資源を利用し独占的な利益をあげ、発展を成し遂げた。

だが、この発展を怒りに満ちた視線で眺める者たちがいた。
それは砂漠のオアシスを使用して生活していた遊牧民族だった。
遊牧民族は、地下水の発見以来、オアシスが干上がり、生活を送ることが困難になっていた。
そこで、遊牧民族は、水資源を利用して莫大な富を得ている政府に対して復讐の計画を立て、
資金をかき集め、BLACK LISTを雇い、給水施設の破壊工作を依頼した。

だが、BLACK LISTを監視していたGLOBAL RISKはこの計画に気づき、
砂漠国家の権力者たちに、自分たちを雇用し解決することを要請した。
吹き荒む砂漠の砂嵐の中で、国家と民族の存亡をかけた激戦が始まる。

Castle BLACK LIST MISSION 王城の破壊工作の成功。もしくはGLOBAL RISK部隊の殲滅。 GLOBAL RISK MISSION 王城の破壊工作の阻止。もしくはBLACK LIST部隊の殲滅。

イスラエルとエジプトの宗教問題の溝がより深くなり、
エジプト政府がイスラエルの船舶に対し運河の通過を禁止した事を発端に戦争が始まった。

アメリカのからの支援を受けているイスラエルはエジプトの重要拠点の調査を要請。
また空軍を戦地に投入し、次々と占領していった。
戦争の拡大を憂慮した先進10カ国はこの軍事行動に対し声明を発表。

これによりイスラエルは、軍事的な面では一方的な勝利を収めたが、
国際社会の中では侵略者として非難された。
これを受けイスラエル政府は、エジプトの主要人物が身を潜めているという
王城の破壊を最後に撤兵することを決める。

また、国際世論を恐れた、イスラエルはこの作戦に関して、潜入・破壊工作に長けた
BLACKLISTに破壊工作任務を依頼。

この依頼情報を諜報機関から入手したエジプト政府も
要人護衛作戦をGLOBAL RISKに依頼した。

戦争の結末は、この二つの勢力の戦いの結果で決まる...

Santoria BLACK LIST MISSION ロケットエンジン工場の破壊。もしくはGLOBAL RISK部隊の殲滅。 GLOBAL RISK MISSION ロケットエンジン工場の防衛。もしくはBLACK LIST部隊の殲滅。

海洋の真珠と称される美しい島...
そこで、秘密裏に某国のロケットエンジン工場の建設が秘密裏に進んでいた。

周辺国家の強い反発を受けながらも宇宙船打ち上げの為の研究を続ける為、
徹底した情報統制の元で行われているこの建設作業は、
研究所で働く 研究員達ですら、その作業の実態を知る者は少なかった。

GLOBAL RISKはこの研究機関を利用し、自らの組織の独立した人工衛星を打ち上げるべく、
それ相応の資金と警備の為の兵力を投入していた。
それゆえ、この研究機関を保有する国家が小国であるにも関わらず、
国家予算への大きな影響もなくプロジェクトは進行していった。

しかし、諜報機関の力を駆使し、この情報を入手した周辺国家は、
通常の抗議行動では効果が無いものと判断。より効果的な対応策を取ることを決定した。

彼らはこの研究機関及び施設、つまりロケットエンジン工場の破壊をBLACK LISTに依頼したのだ。
見渡す限りサンゴ礁の広がる美しいこの島で、二つの勢力の戦いが再び幕を開けようとしていた...

Mine BLACK LIST MISSION 鉱山に偽装したGROBAL RISK基地の破壊。もしくはGLOBAL RISK部隊の殲滅。 GLOBAL RISK MISSION GROBAL RISK基地の防衛。もしくはBLACK LIST部隊の殲滅。

GLOBAL RISKは開発中止された鉱山を最近になって買い受けた。
しかし、この鉱山には石炭などの資源がほとんど残っておらず、
石炭などの需要が急激に減り開発が中止された鉱山をGLOBAL RISKが買受ける理由が見当たらないことに
疑惑を抱いたBLACK LISTは密かに鉱山の調査を行っていた。

そして、BLACK LISTは鉱山の正体がGLOBAL RISKの基地だということを突き止めることに成功した。
利権を取り囲んだ国家間の対立がますますひどくなっていく中で、
武器と資金の確保は傭兵集団において一番重要なことであり、手に入れることが困難になりつつあった。

このような状況下でGLOBAL RISKの新しい基地を突き止めることに成功したBLACK LISTはチャンスと感じた。
長年の時間をかけてGLOBAL RISKが武器と資金を蓄えた事を確認した
BLACK LISTはこの廃坑に攻撃を仕掛け破壊することを決定した。

その目的を果たすために静かにGLOBAL RISKの基地に兵力を派遣するのであった。

Port BLACK LIST MISSION GROBAL RISKが警備している石油精製施設の破壊。もしくはGLOBAL RISK部隊の殲滅。 GLOBAL RISK MISSION 石油精製施設の防衛。もしくはBLACK LIST部隊の殲滅。

ヨーロッパの古い港が、最近、また使われ始めた。
この港は、かつてヨーロッパの国々が石油を闇取引するために使用されていたが、
しばらくは誰も使う者がいなかった。

たび重なる紛争と各国を取り巻く事情によって、再び歴史の表舞台に顔を出すことになったのだ。
この港で騷動が起きた。

ヨーロッパと一部の中東国家たちの間の闇取引で、石油売上げに損害を受けた国家が、
BLACK LISTを雇ったという事実がGLOBAL RISKに知られたからだった。

GLOBAL RISKの指揮官は侵入者がいるという報告と受けながらつぶやいた。
「今日こそ、Ceyhanでの恨みを返してやろう。」

Port BLACK LIST MISSION GROBAL RISKが警備している石油精製施設の破壊。もしくはGLOBAL RISK部隊の殲滅。 GLOBAL RISK MISSION 石油精製施設の防衛。もしくはBLACK LIST部隊の殲滅。

ヨーロッパの古い港が、最近、また使われ始めた。
この港は、かつてヨーロッパの国々が石油を闇取引するために使用されていたが、
しばらくは誰も使う者がいなかった。

たび重なる紛争と各国を取り巻く事情によって、再び歴史の表舞台に顔を出すことになったのだ。
この港で騷動が起きた。

ヨーロッパと一部の中東国家たちの間の闇取引で、石油売上げに損害を受けた国家が、
BLACK LISTを雇ったという事実がGLOBAL RISKに知られたからだった。

GLOBAL RISKの指揮官は侵入者がいるという報告と受けながらつぶやいた。
「今日こそ、Ceyhanでの恨みを返してやろう。」

BlackWidow (B-WidowTD) BLACK LIST MISSION GLOBAL RISKのレーダー基地を爆破。もしくはGLOBAL RISK部隊の殲滅。 GLOBAL RISK MISSION レーダー基地の防衛。もしくはBLACK LIST部隊の殲滅。

BLACK LISTの監視網にGLOBAL RISKの海底基地らしき建造物が捕捉された。
「魔の三角地域」と呼ばれるバミューダトライアングルの近海で、
GLOBAL RISKの輸送船などが活発に活動していることから、
BLACK LISTが調査を行ったところ巨大な海底基地が発見されたのである。

この海底基地の攻撃を検討しているBLACK LISTは、さらなる問題に直面する。
本当に問題なのはバミューダ海域の近く、プエルトリコに位置している、GLOBAL RISKのレーダー基地だったのである。
BLACK LISTが海底基地を破壊するために近付けば、
その気配を感じたGLOBAL RISKが動き出し、その作戦が失敗に終わるであろうことは明らかだった。

BLACK LISTは大規模作戦を展開することを決定する。
それはレーダー基地の爆破と同時に海底基地を破壊する同時作戦であった。

1次目標をプエルトリコ東部のレーダー基地に定め、ついにBLACK LISTが動き始めた

Factory BLACK LIST MISSION ゴーストキット製造工場の情報隠ぺいの為、爆破。もしくはGLOBAL RISK部隊の殲滅。 GLOBAL RISK MISSION ゴーストキット製造工場爆破を阻止し、情報の回収。もしくはBLACK LIST部隊の殲滅。

科学兵器工場だとされていた『Factory(ファクトリー)』。

この場所がBLACK LISTの『GhostKit(ゴーストキット)』製造工場だということを知ったGLOBAL RISKは、
自らの利益のため虚偽情報を『UN DPKO(国連平和維持局)』に伝達すると共に、
『GhostKit(ゴーストキット)』のデータを奪取すべく『Factory(ファクトリー)』への制圧を開始した。

一方でBLACK LISTの上層部では『GhostKit(ゴーストキット)』の正体とデータが外部に漏れることのないように、
GLOBAL RISKの侵略を阻む計画が開始された。

その計画は『Factory(ファクトリー)』に存在するデータを回収し、
証拠をなくす為の『Factory(ファクトリー)』。の爆破だった。

『GhostKit(ゴーストキット)』のデータを巡ってBLACK LISTとGLOBAL RISKが衝突する。

Sub Base BLACK LIST MISSION 原子力潜水艦「アイギス」の破壊。もしくはGLOBAL RISK部隊の殲滅。 GLOBAL RISK MISSION 原子力潜水艦「アイギス」の防衛。もしくはBLACK LIST部隊の殲滅。

アメリカ西海岸のとある島。
外部との接触が完全に遮断されているこの島はGLOBAL RISKの原子力潜水艦「アイギス」の秘密基地である。

世界各国で代理戦争を繰り広げているGLOBAL RISKとBLACK LISTだが、
ゲリラ奇襲や小規模なテロ攻撃を得意とするBLACK LISTと比べて、GLOBAL RISKは受け身にならざるを得なかった。

この状況を打開する為、GLOBAL RISKは原子力潜水艦「アイギス」を購入。
兵站輸送や長距離支援攻撃用に改造された「アイギス」は、
GLOBAL RISKには最強の盾となり、BLACK LISTには恐怖の対象となった。

独自の諜報網を駆使し、ようやく「アイギス」の秘密基地の情報を手にいれたBLACK LIST。
BLACK LISTは精鋭部隊を投入し、ついに原子力潜水艦の秘密基地で戦闘の火ぶたが切って落とされるのであった。

Mexico BLACK LIST MISSION メキシコの秘密ミサイル基地を爆破せよ。もしくはGLOBAL RISK部隊の殲滅。 GLOBAL RISK MISSION メキシコの秘密ミサイル基地爆破を阻止せよ。もしくはBLACK LIST部隊の殲滅。

『Mexico(メキシコ)』のミサイル基地を
次世代迎撃ミサイル開発と発射の為の最先端ミサイル基地として建設するアメリカ国防省の極秘計画を
入手したテロ組織はBLACK LISTに『Mexico(メキシコ)』に存在する秘密ミサイル基地の破壊工作を依頼する。

破壊工作計画の情報を入手したアメリカ合衆国政府は、
『Mexico(メキシコ)』における極秘作戦が世間に知られることを恐れ、
GLOBAL RISKにBLACK LISTによる破壊工作の作戦阻止を依頼することになる。

Ceyhan BLACK LIST MISSION 石油パイプラインの爆破。もしくはGLOBAL RISK部隊の殲滅。 GLOBAL RISK MISSION 石油パイプラインの防衛。もしくはBLACK LIST部隊の殲滅。

中東地域をけん制する為の交渉を進めるイスラエルからクルド民族自治政府へ大量の資金が流れる。

しかし、この資金はクルド分離主義者たちが率いるゲリラ組織の支援資金として流れてしまい、
結局トルコの「Ceyhan (ジェイハン)」石油パイプラインの破壊工作作戦を
BLACK LISTへ依頼する資金としてつかわれてしまう。

ヨーロッパへの石油供給の重要拠点である「Ceyhan (ジェイハン)」の爆破作戦が
イスラエルの資金で実行されれば、イスラエルは外交的に深刻な危機状況を迎えることになる。

対策協議の末、イスラエル政府はGLOBAL RISKにBLACK LISTを阻止するよう、極秘ミッションを依頼する。

Eagle Eye BLACK LIST MISSION 秘密電波送信施設を爆破し、防衛部隊のかく乱作戦の成功。もしくはGLOBAL RISK部隊の殲滅。 GLOBAL RISK MISSION 秘密電波送信施設を爆破を阻止。もしくはBLACK LIST部隊の殲滅。

『UN DPKO(国連平和維持局)」』よる治安維持活動が行われているアフガニスタン。
NATOとアメリカが国連加盟国の積極的な介入を要請する中、
ノルウェーが大規模な特殊部隊をアフガニスタンに派兵することを決定する。

アメリカ軍とノルウェーの合同作戦が、アフガニスタン南部で実施されることを恐れる
アフガニスタン反乱軍組織とテロ組織は、
BLACK LISTにノルウェーへの派兵を止めるためのテロ活動を依頼する。

BLACK LISTは派兵反対の世論を引き起こす為に、
ノルウェーの大規模な天然ガス精製施設を爆破する計画を立て、
最初のテロ活動としてノルウェー山岳地帯の秘密電波送信施設に対する強襲作戦をしかける。

一方、ノルウェー政府からの防衛依頼を受けたGLOBAL RISKは
秘密電波送信施設に防衛部隊を派遣し、現地でBLACK LISTの強襲部隊と遭遇。反撃を開始する。

ANKARA BLACK LIST MISSION GLOBAL RISKの防衛拠点を破壊。もしくはGLOBAL RISK部隊の殲滅。 GLOBAL RISK MISSION 防衛拠点の防衛。もしくはGLOBAL RISK部隊の殲滅。

『Atatürk(アタチュルク)』が建国したトルコ共和国の首都であり、
中央アナトリアの中心に位置している『Ankara(アンカラ)』
現代都市の姿を備えている『Yenisehi(イェニシェヒル)』地区よりも
過去の情景がそっくりそのまま残った建物や狭い道路が特徴の『Ulus(ウールス)』地区は、
トルコ独特の雰囲気を感じることができる。

びっしりと並んでいる古い建物の情感ある路地の間に、今は子供たちの笑い声の代わりに銃声が響いている。
既に殆どの地域は、BLACK LISTの強襲によって焦土とかしている状態で、
『Ankara(アンカラ)』の『Ulus(ウールス)』地区と幾つかの少数地区だけが
GLOBAL RISKとトルコ正規軍の防衛拠点として残存している状態だった。

GLOBAL RISKの精鋭部隊が支援を来るまで持ちこたえることができる余力もあまり残っていない状態である。
先日、トルコ当局は、『Ankara(アンカラ)』で行われるガス状の麻薬取引に関する情報を入手し、
GLOBAL RISKに依頼して掃討作戦を展開した。

しかし、それは麻薬ではなく、新型の化学兵器であり、BLACK LISTが関与していた。
作戦は成功だったが、数時間経たないうちにBLACK LISTの大々的な攻撃が開始されており、
これまでにない銃撃が休むことなく続いている...

チームマッチ

SUBWAY BLACK LIST MISSION 爆薬の爆破成功。もしくはGLOBAL RISK部隊の殲滅。 GLOBAL RISK MISSION 爆薬の爆破を阻止。もしくはBLACK LIST部隊の殲滅。

BlackListの作戦が始まったところは地下鉄の車庫だった。

地下鉄の運行が中断された時刻。BlackListのテロリストたちは車庫を占領し、
一台の列車を奪取して都心の中央に位置するシティーホール駅に向かって出発した。

その列車の中には街の2ブロック分を痕跡もなく吹き飛ばせる爆薬が搭載していた。
その列車を阻むものは何もなかった。地下鉄の遠隔統制の権限も既にBlackListから確保しており、
彼らの作戦は予想通りに進んでいるように見えた。

だが、シティーホール駅にまだ達してないカナルストリート駅にて予想していなかった事態が起きた。

列車が脱線したのである。

事故というには、状況の深刻性が大き過ぎた。爆薬の遠隔操作機能も壊れ、列車はもう動きそうになかった。
残っていたエージェントのほとんども事故で大きく負傷しており、戦闘が出来る人数は8名あまり。

事実上、任務を失敗した瞬間だった。
このままでは警察や、他の目撃者が来る可能性が高かった。
だが、状況はもっと最悪になっていった。GlobalRiskの精鋭エージェントが入ったのであった。

彼らの動きは素早かった。おそらく列車の脱線も彼らの意図だったのであろう。BLに残った選択肢は2つしか残されていない。
襲い掛かるGlobalRiskを全部殲滅し、生き残るか、爆薬を強制的に爆破させGlobalRiskはもちろん、この一帯と一緒に爆死するか。

もちろん、どの選択肢を選ぼうが、彼らの前に激しい戦闘が繰り広げられるのは確実であった。

だが、ここで進撃を止めるGRXの精鋭エージェントではなかった。
エージェントたちはまもなく広げられる最終決戦に向けて緊張感を持って進撃した。

Satellite Base BLACK LIST MISSION GLOBAL RISKの衛星基地爆破の成功。もしくはGLOBAL RISK部隊の殲滅。 GLOBAL RISK MISSION BLACK LISTの衛星基地爆破の阻止。もしくはBLACK LIST部隊の殲滅。

衛星側位システム(GNSS)。宇宙の軌道を回っている衛星から地上の位置情報を提供するシステムである。
GlobalRiskは数多くの作戦を遂行し、集めた資金でGNSSを配備した基地を建設、
より迅速に作戦が遂行できるようになった。

これに反し、テロリストたちは自分たちの作戦が過去のケースより早く、GlobalRiskに阻止されることを感じていた。
だが、その原因を特定できず、BlackListに援助を要請した。

BlackList側も最近のGlobalRiskの素早い対応作戦に変化を感じており、この要請を受け、原因究明に行うことにした。
BlackListはテロ現場から任務を終えて撤収するGlobalRiskの後を追い、彼らの中継基地を見つけだす事に成功。
基地内のどこからか流れている通信電波を傍受・解析し、別の基地から送信されている物だと判明した。

その位置はアメリカのフロリダ州にある衛星基地であった。

衛星基地の発見と同時に、これまでGlobalRiskの衛星基地から自分たちの情報が筒抜けだったことに大きく憤慨した。
BlackListの首脳部は[衛星基地を破壊しろ]と実行部隊に指令を出した。

“徹底的に基地を破壊しろ!俺たちを監視出来ないように、奴らの目を遮断せよ!”

New Greece BLACK LIST MISSION GLOBAL RISKの軍需品と爆発物の爆破の成功。もしくはGLOBAL RISK部隊の殲滅。 GLOBAL RISK MISSION BLACK LISTの攻撃から軍需品と爆発物を死守。もしくはBLACK LIST部隊の殲滅。

新年を迎えたときめきに全世界が浮足立つ1月1日。
ギリシャのリゾート地サントリーニもまた、他の場所と別段変わらなかった。

世界はまだ戦争とテロの脅威に脅かされており、サントリーニもまた、
数回に及ぶBLACK LISTのテロの脅威に不安なひとときを送ることもあった。

しかし、新年がもたらす楽しさがこれらの不安を一瞬忘れさせてくれるかのように、
青い海と白い砂浜に似た、白と藍が調和したサントリーニ特有の建物にはそれぞれ新年を祝う装飾が
フサフサとぶら下がっていて、街の通りは人波でいっぱいだった。

一方、閑散となった街の片隅では、GLOBAL RISKの記章をつけた傭兵達が忙しく動いていた。

GLOBAL RISKの目的は、BLACK LISTにより相次ぐテロの脅威から民間人の安全を守るため、
危険物と軍需物資を安全な地域に移すこと。

その軍事的な動きが祭りの楽しい雰囲気を壊し、市民や観光客が不安を抱いてしまう
という理由で一部では批判があったが、これはまさに不安を感じる人々のための作戦だった。

GLOBAL RISKの隊員は、この作戦の間中、良くない視線に耐えなければならなかったが、
自分たちの行動がただの杞憂で終わることを望んだ。

しかし、GLOBAL RISKの憂慮は、サントリーニ市内に響きわたる爆発音と共に現実のものとなってしまった。

爆破現場は凄惨だった。
濃い煙の中で市民や観光客が大きな傷を負い、悲鳴を上げており、
とても楽しげだった新年祭りの街の様相は、一瞬にして阿鼻叫喚の地獄絵図に変わっていた。

BLACK LISTのテロであることが明らかだったが、テロを敢行したBLACK LIST傭兵の姿は見えなかった。
GLOBAL RISKの部隊員は、そのまま爆破現場に投入され、混乱を静めることに力を注いだ。

しかしその時、監視が崩れた隙に乗じて、隠れていたBLACK LISTの傭兵たちが危険物と軍需物資を襲撃する。
BLACK LISTにとって多数の民間人の死は、GLOBAL RISKの目を引くためだけの誘引策に過ぎなかったのだ。
残っていたGLOBAL RISKの傭兵は、より大きな被害を防ぐべく、武器を握りしめた。

Under Base BLACK LIST MISSION 基地爆破の成功。もしくはGLOBAL RISK部隊の殲滅。 GLOBAL RISK MISSION 基地爆破の防止。もしくはBLACK LIST部隊の殲滅。

その地下基地はシベリア永久凍土の真ん中にあった。

過去の冷戦期にソ連によってつくらた秘密基地で、生物化学兵器の研究施設だった。
吹雪と低温という厳しい環境のおかげで侵入者を自然と防ぐことができ、
研究物が流出しても拡散の危険性が少なかったため、この基地は生物化学兵器を研究するための天恵の要塞とされた。
国家の体制が変動し、一時閉鎖される予定だったが、
混乱にまぎれて関連する文書が多数消失・隠蔽されたせいで、永久閉鎖になってしまったのだった。

このまま忘れ去られてしまうかにみえた冷戦の亡霊は、
地球温暖化で吹雪が徐々になくなったことで、再びこの世に姿を現す。

ロシア政府は、この基地が生物化学兵器を研究していた施設であることをつきとめ、
基地の廃棄をGLOBAL RISKに要請する。
恐ろしい生物化学兵器が、軍部の腐敗した誰かの手に渡ることへの懸念からだった。
この日におけるGLOBAL RISKは、信頼できる団体であった。

だが、 GLOBAL RISKがこの危険な任務を抱えてシベリアへ向かう最中、
この基地の情報がロシアマフィアに流出してしまう。
マフィアは生物化学兵器の金銭的価値を高く評価し、その確保をBLACK LISTに依頼する。

問題の基地に到着したGLOBAL RISKの精鋭要員は、一連の廃棄作業を実行していた。
基地の中には誰も出入りした痕跡はなかった。
施設が老朽化して保管機器から生物化学兵器が流れ出し、研究物の確保は不可能な状態だったが、
幸いなことに保管所の機密は保たれていたため、機器が整えば廃棄は可能だった。

その時、轟音が聞こえた。 BLACK LISTの特殊部隊が基地の壁を突き抜けて侵入したのだった。
この状況ではBLACK LISTの方法はあまりにも危険だった。
生物化学兵器を奪取しようとする目的を持った彼らは、
流出した化学ガスでいっぱいになった保管所の扉を爆破しようとしていたのだった。

GLOBAL RISKの精鋭要員はそれぞれ自分の武器を構え、共倒れを防ぐための戦いを準備した。

Spain BLACK LIST MISSION 秘密基地を破壊する。 GLOBAL RISK MISSION 秘密基地破壊の阻止。

「スペイン南部のアンダルシア地方の都市は、いつものように静かなだけだ。
しかし、いつもとは違うこの静けさは、戦闘が迫っているという不吉さを示唆することもある。 」

一ヶ月前Global Riskは、スペイン関西からの要請で薬物根絶のための麻薬密売の調査を行った。
専門調査員の調査により、麻薬密売の中心にはBlack Listが位置しており、
麻薬密売による収入を軍資金として使用していることが判明した。

Global Riskは調査報告後、即時にBlack Listの資金需給を遮断する作戦を決定することになる。
今から3時間後、麻薬密売の場所に指定されている「マラガ」で作戦が開始され、
秘密の工場を拠点に待ち伏せしてBlack Listを迎えるだろう。

しかし、 Global Riskの計画は、意図したとおりに進まない。

むしろGlobal Riskの計画を把握したBlack Listの要員が、逆にGlobal Riskが待ち伏せした拠点基地を破壊する準備をしている。
Black ListはGlobal Risk襲撃のために意図的に麻薬密売に関する情報を餌にGlobal Riskを誘導したのである。

二つの思惑が交差するとき、激戦の始まりを知らせる銃声が鳴り響く。

Matsuri BLACK LIST MISSION 秘密基地を破壊する。 GLOBAL RISK MISSION 秘密基地破壊の阻止。

アジア大陸の東の端に位置する国の大都市は、北部と南部の中間に位置して、陸地と海洋を結ぶ地域で交通の要衝だ。 GRの中央本部では、その都市の歴史を調査した結果、 長年にわたって軍事的な要衝として武力衝突が多く発生していることが判明した。 戦略的な場所で活用価値が高いことが利点だと判断して、秘密基地を建設することを決定する。 新築を強行するためには口実が必要とし、近年の都市政策は、島と陸地をつなぐ橋を利用して、 地域の観光事業を活性化しようとする動きを見せており、祭の町もその中の一部であることを利用した。 祭の町の大々的なフェスティバルを計画して、 名分を作って拡張や改修に着手することで、秘密基地建設工事を進めることとなる。 しかし、工事途中でBLが急襲し、一般市民の工事関係者たちを無差別に殺害するテロを始めた。 おそらく、工事関係者の中にスパイが紛れており、GRの意図を把握し、浸透作戦を開始したのであろう。 緊急時のため、地下に待機していたGR隊員が急いで地上へ移動し、隊列を整えた。 彼らの目の前に広がる黒い空と、より明るく鮮やかな光で地上を照らす複数の照明を見ていると、 戦闘よりも祭に適した場所であるようだ。 だが、今日はそんな日ではないという点が残念である。

HILLS TOWN BLACK LIST MISSION ホテル爆破テロの成功。 GLOBAL RISK MISSION ホテル爆破テロの阻止。

ビバリーヒルズの超豪華ホテル「ヒルズタウンホテル」。
いつもなら余暇を楽しみに来た観光客のリラックスした笑い声があふれる場所に、
今日は戦雲たれこめる緊張感が流れていた。
それは、3年という長い間続いていたA国の内戦を終息することができる非常に重要な取引が行われるためだった。

米国の主導の下、秘密裏に進行されたこの取引は、A国の首長が解放軍に権力を継承し、
長く続いた内戦を終えることを最終目的としていた。
取引が成立すれば解放軍を支援してきた米国はA国に対して大きな影響力を持つ事ができ、
首長は資産の全てと共に第3国への亡命を約束されていた。
しかし、この計画は、BLACK LISTの情報網に捉えられてしまう。

BLACK LISTの信念上、A国が米国の支配を受けるのは、望まない状況だった。
加えて、継続的な利益のために内戦をさらに長期化させる必要があった。
これにより、BLACK LISTは取引の場所であるヒルズタウンホテルにテロを敢行することにより、
A国の首長が求めていた金の延べ棒を焼失させ、彼の身辺も脅かし、取引を妨害する作戦を計画する。

取引日。
BLACK LISTのテロ部隊は、ヒルズタウンホテルに侵入するが、予期せぬ状況に出会う。
GRの精鋭部隊がホテル内に隙間なく配置されていたのだった。

BLACK LISTは当初より大きな被害を予想したが、すでに開始された作戦の中止は不可能であり、中止する気も無かった。
彼らはむしろ、期待に満ちた笑顔を浮かべた。強い敵との戦闘を長く待ち望んでいたかのように・・・

はたしてBLACK LISTは、テロを遂行することができるだろうか?
GLOBAL RISKは、金を死守し、テロを防ぐことができるだろうか?

DownTown BLACK LIST MISSION 都市爆破テロの成功。もしくはGLOBAL RISK部隊の殲滅。 GLOBAL RISK MISSION 都市爆破テロの成功。もしくはGLOBAL RISK部隊の殲滅。

北米の北部の外れに位置したある検問所で約10名のテログループによる銃の乱射事件が発生した。

犯人は逃走したが、その後の保安部隊の周辺調査によって、
大量の弾薬と爆弾が発見されたことで、これが単なる事件ではないことを知るようになる。

そしてテロ組織により
「都市の『DownTown(ダウンタウン)』への爆弾テロを敢行する」という犯行声明が発表されると、
保安部隊は都市の中心地、及び外国人の居住地域を中心に検問と調査を強化し始める。

その結果、テログループを拘束し、爆弾テロ事件は終結したかに見えた。

しかし、捕らえたテログループ一員の証言から、これが陽動作戦であり、
テロの実行部隊は彼らではなく、彼らに依頼されたBLACK LISTである事を知った。

保安部隊は急遽、現地に駐屯していたGLOBAL RISKに依頼し、
都心の爆弾テロ阻止を要請する事になった...

DesertStorm BLACK LIST MISSION 給水施設の破壊成功。もしくはGLOBAL RISK部隊の殲滅。 GLOBAL RISK MISSION 給水施設の破壊阻止。もしくはBLACK LIST部隊の殲滅。

砂漠にある一国に奇跡が起きた。砂漠の片隅で地下水が発見されたのだ。
水は大都市にまで支給され、国家は莫大な水資源を利用し独占的な利益をあげ、発展を成し遂げた。

だが、この発展を怒りに満ちた視線で眺める者たちがいた。
それは砂漠のオアシスを使用して生活していた遊牧民族だった。
遊牧民族は、地下水の発見以来、オアシスが干上がり、生活を送ることが困難になっていた。
そこで、遊牧民族は、水資源を利用して莫大な富を得ている政府に対して復讐の計画を立て、
資金をかき集め、BLACK LISTを雇い、給水施設の破壊工作を依頼した。

だが、BLACK LISTを監視していたGLOBAL RISKはこの計画に気づき、
砂漠国家の権力者たちに、自分たちを雇用し解決することを要請した。
吹き荒む砂漠の砂嵐の中で、国家と民族の存亡をかけた激戦が始まる。

Castle BLACK LIST MISSION 王城の破壊工作の成功。もしくはGLOBAL RISK部隊の殲滅。 GLOBAL RISK MISSION 王城の破壊工作の阻止。もしくはBLACK LIST部隊の殲滅。

イスラエルとエジプトの宗教問題の溝がより深くなり、
エジプト政府がイスラエルの船舶に対し運河の通過を禁止した事を発端に戦争が始まった。

アメリカのからの支援を受けているイスラエルはエジプトの重要拠点の調査を要請。
また空軍を戦地に投入し、次々と占領していった。
戦争の拡大を憂慮した先進10カ国はこの軍事行動に対し声明を発表。

これによりイスラエルは、軍事的な面では一方的な勝利を収めたが、
国際社会の中では侵略者として非難された。
これを受けイスラエル政府は、エジプトの主要人物が身を潜めているという
王城の破壊を最後に撤兵することを決める。

また、国際世論を恐れた、イスラエルはこの作戦に関して、潜入・破壊工作に長けた
BLACKLISTに破壊工作任務を依頼。

この依頼情報を諜報機関から入手したエジプト政府も
要人護衛作戦をGLOBAL RISKに依頼した。

戦争の結末は、この二つの勢力の戦いの結果で決まる...

Santoria BLACK LIST MISSION ロケットエンジン工場の破壊。もしくはGLOBAL RISK部隊の殲滅。 GLOBAL RISK MISSION ロケットエンジン工場の防衛。もしくはBLACK LIST部隊の殲滅。

海洋の真珠と称される美しい島...
そこで、秘密裏に某国のロケットエンジン工場の建設が秘密裏に進んでいた。

周辺国家の強い反発を受けながらも宇宙船打ち上げの為の研究を続ける為、
徹底した情報統制の元で行われているこの建設作業は、
研究所で働く 研究員達ですら、その作業の実態を知る者は少なかった。

GLOBAL RISKはこの研究機関を利用し、自らの組織の独立した人工衛星を打ち上げるべく、
それ相応の資金と警備の為の兵力を投入していた。
それゆえ、この研究機関を保有する国家が小国であるにも関わらず、
国家予算への大きな影響もなくプロジェクトは進行していった。

しかし、諜報機関の力を駆使し、この情報を入手した周辺国家は、
通常の抗議行動では効果が無いものと判断。より効果的な対応策を取ることを決定した。

彼らはこの研究機関及び施設、つまりロケットエンジン工場の破壊をBLACK LISTに依頼したのだ。
見渡す限りサンゴ礁の広がる美しいこの島で、二つの勢力の戦いが再び幕を開けようとしていた...

Mine BLACK LIST MISSION 鉱山に偽装したGROBAL RISK基地の破壊。もしくはGLOBAL RISK部隊の殲滅。 GLOBAL RISK MISSION GROBAL RISK基地の防衛。もしくはBLACK LIST部隊の殲滅。

GLOBAL RISKは開発中止された鉱山を最近になって買い受けた。
しかし、この鉱山には石炭などの資源がほとんど残っておらず、
石炭などの需要が急激に減り開発が中止された鉱山をGLOBAL RISKが買受ける理由が見当たらないことに
疑惑を抱いたBLACK LISTは密かに鉱山の調査を行っていた。

そして、BLACK LISTは鉱山の正体がGLOBAL RISKの基地だということを突き止めることに成功した。
利権を取り囲んだ国家間の対立がますますひどくなっていく中で、
武器と資金の確保は傭兵集団において一番重要なことであり、手に入れることが困難になりつつあった。

このような状況下でGLOBAL RISKの新しい基地を突き止めることに成功したBLACK LISTはチャンスと感じた。
長年の時間をかけてGLOBAL RISKが武器と資金を蓄えた事を確認した
BLACK LISTはこの廃坑に攻撃を仕掛け破壊することを決定した。

その目的を果たすために静かにGLOBAL RISKの基地に兵力を派遣するのであった。

Port BLACK LIST MISSION GROBAL RISKが警備している石油精製施設の破壊。もしくはGLOBAL RISK部隊の殲滅。 GLOBAL RISK MISSION 石油精製施設の防衛。もしくはBLACK LIST部隊の殲滅。

ヨーロッパの古い港が、最近、また使われ始めた。
この港は、かつてヨーロッパの国々が石油を闇取引するために使用されていたが、
しばらくは誰も使う者がいなかった。

たび重なる紛争と各国を取り巻く事情によって、再び歴史の表舞台に顔を出すことになったのだ。
この港で騷動が起きた。

ヨーロッパと一部の中東国家たちの間の闇取引で、石油売上げに損害を受けた国家が、
BLACK LISTを雇ったという事実がGLOBAL RISKに知られたからだった。

GLOBAL RISKの指揮官は侵入者がいるという報告と受けながらつぶやいた。
「今日こそ、Ceyhanでの恨みを返してやろう。」

Port BLACK LIST MISSION GROBAL RISKが警備している石油精製施設の破壊。もしくはGLOBAL RISK部隊の殲滅。 GLOBAL RISK MISSION 石油精製施設の防衛。もしくはBLACK LIST部隊の殲滅。

ヨーロッパの古い港が、最近、また使われ始めた。
この港は、かつてヨーロッパの国々が石油を闇取引するために使用されていたが、
しばらくは誰も使う者がいなかった。

たび重なる紛争と各国を取り巻く事情によって、再び歴史の表舞台に顔を出すことになったのだ。
この港で騷動が起きた。

ヨーロッパと一部の中東国家たちの間の闇取引で、石油売上げに損害を受けた国家が、
BLACK LISTを雇ったという事実がGLOBAL RISKに知られたからだった。

GLOBAL RISKの指揮官は侵入者がいるという報告と受けながらつぶやいた。
「今日こそ、Ceyhanでの恨みを返してやろう。」

BlackWidow (B-WidowTD) BLACK LIST MISSION GLOBAL RISKのレーダー基地を爆破。もしくはGLOBAL RISK部隊の殲滅。 GLOBAL RISK MISSION レーダー基地の防衛。もしくはBLACK LIST部隊の殲滅。

BLACK LISTの監視網にGLOBAL RISKの海底基地らしき建造物が捕捉された。
「魔の三角地域」と呼ばれるバミューダトライアングルの近海で、
GLOBAL RISKの輸送船などが活発に活動していることから、
BLACK LISTが調査を行ったところ巨大な海底基地が発見されたのである。

この海底基地の攻撃を検討しているBLACK LISTは、さらなる問題に直面する。
本当に問題なのはバミューダ海域の近く、プエルトリコに位置している、GLOBAL RISKのレーダー基地だったのである。
BLACK LISTが海底基地を破壊するために近付けば、
その気配を感じたGLOBAL RISKが動き出し、その作戦が失敗に終わるであろうことは明らかだった。

BLACK LISTは大規模作戦を展開することを決定する。
それはレーダー基地の爆破と同時に海底基地を破壊する同時作戦であった。

1次目標をプエルトリコ東部のレーダー基地に定め、ついにBLACK LISTが動き始めた

Factory BLACK LIST MISSION ゴーストキット製造工場の情報隠ぺいの為、爆破。もしくはGLOBAL RISK部隊の殲滅。 GLOBAL RISK MISSION ゴーストキット製造工場爆破を阻止し、情報の回収。もしくはBLACK LIST部隊の殲滅。

科学兵器工場だとされていた『Factory(ファクトリー)』。

この場所がBLACK LISTの『GhostKit(ゴーストキット)』製造工場だということを知ったGLOBAL RISKは、
自らの利益のため虚偽情報を『UN DPKO(国連平和維持局)』に伝達すると共に、
『GhostKit(ゴーストキット)』のデータを奪取すべく『Factory(ファクトリー)』への制圧を開始した。

一方でBLACK LISTの上層部では『GhostKit(ゴーストキット)』の正体とデータが外部に漏れることのないように、
GLOBAL RISKの侵略を阻む計画が開始された。

その計画は『Factory(ファクトリー)』に存在するデータを回収し、
証拠をなくす為の『Factory(ファクトリー)』。の爆破だった。

『GhostKit(ゴーストキット)』のデータを巡ってBLACK LISTとGLOBAL RISKが衝突する。

Sub Base BLACK LIST MISSION 原子力潜水艦「アイギス」の破壊。もしくはGLOBAL RISK部隊の殲滅。 GLOBAL RISK MISSION 原子力潜水艦「アイギス」の防衛。もしくはBLACK LIST部隊の殲滅。

アメリカ西海岸のとある島。
外部との接触が完全に遮断されているこの島はGLOBAL RISKの原子力潜水艦「アイギス」の秘密基地である。

世界各国で代理戦争を繰り広げているGLOBAL RISKとBLACK LISTだが、
ゲリラ奇襲や小規模なテロ攻撃を得意とするBLACK LISTと比べて、GLOBAL RISKは受け身にならざるを得なかった。

この状況を打開する為、GLOBAL RISKは原子力潜水艦「アイギス」を購入。
兵站輸送や長距離支援攻撃用に改造された「アイギス」は、
GLOBAL RISKには最強の盾となり、BLACK LISTには恐怖の対象となった。

独自の諜報網を駆使し、ようやく「アイギス」の秘密基地の情報を手にいれたBLACK LIST。
BLACK LISTは精鋭部隊を投入し、ついに原子力潜水艦の秘密基地で戦闘の火ぶたが切って落とされるのであった。

Mexico BLACK LIST MISSION メキシコの秘密ミサイル基地を爆破せよ。もしくはGLOBAL RISK部隊の殲滅。 GLOBAL RISK MISSION メキシコの秘密ミサイル基地爆破を阻止せよ。もしくはBLACK LIST部隊の殲滅。

『Mexico(メキシコ)』のミサイル基地を
次世代迎撃ミサイル開発と発射の為の最先端ミサイル基地として建設するアメリカ国防省の極秘計画を
入手したテロ組織はBLACK LISTに『Mexico(メキシコ)』に存在する秘密ミサイル基地の破壊工作を依頼する。

破壊工作計画の情報を入手したアメリカ合衆国政府は、
『Mexico(メキシコ)』における極秘作戦が世間に知られることを恐れ、
GLOBAL RISKにBLACK LISTによる破壊工作の作戦阻止を依頼することになる。

Ceyhan BLACK LIST MISSION 石油パイプラインの爆破。もしくはGLOBAL RISK部隊の殲滅。 GLOBAL RISK MISSION 石油パイプラインの防衛。もしくはBLACK LIST部隊の殲滅。

中東地域をけん制する為の交渉を進めるイスラエルからクルド民族自治政府へ大量の資金が流れる。

しかし、この資金はクルド分離主義者たちが率いるゲリラ組織の支援資金として流れてしまい、
結局トルコの「Ceyhan (ジェイハン)」石油パイプラインの破壊工作作戦を
BLACK LISTへ依頼する資金としてつかわれてしまう。

ヨーロッパへの石油供給の重要拠点である「Ceyhan (ジェイハン)」の爆破作戦が
イスラエルの資金で実行されれば、イスラエルは外交的に深刻な危機状況を迎えることになる。

対策協議の末、イスラエル政府はGLOBAL RISKにBLACK LISTを阻止するよう、極秘ミッションを依頼する。

Eagle Eye BLACK LIST MISSION 秘密電波送信施設を爆破し、防衛部隊のかく乱作戦の成功。もしくはGLOBAL RISK部隊の殲滅。 GLOBAL RISK MISSION 秘密電波送信施設を爆破を阻止。もしくはBLACK LIST部隊の殲滅。

『UN DPKO(国連平和維持局)」』よる治安維持活動が行われているアフガニスタン。
NATOとアメリカが国連加盟国の積極的な介入を要請する中、
ノルウェーが大規模な特殊部隊をアフガニスタンに派兵することを決定する。

アメリカ軍とノルウェーの合同作戦が、アフガニスタン南部で実施されることを恐れる
アフガニスタン反乱軍組織とテロ組織は、
BLACK LISTにノルウェーへの派兵を止めるためのテロ活動を依頼する。

BLACK LISTは派兵反対の世論を引き起こす為に、
ノルウェーの大規模な天然ガス精製施設を爆破する計画を立て、
最初のテロ活動としてノルウェー山岳地帯の秘密電波送信施設に対する強襲作戦をしかける。

一方、ノルウェー政府からの防衛依頼を受けたGLOBAL RISKは
秘密電波送信施設に防衛部隊を派遣し、現地でBLACK LISTの強襲部隊と遭遇。反撃を開始する。

ANKARA BLACK LIST MISSION GLOBAL RISKの防衛拠点を破壊。もしくはGLOBAL RISK部隊の殲滅。 GLOBAL RISK MISSION 防衛拠点の防衛。もしくはGLOBAL RISK部隊の殲滅。

『Atatürk(アタチュルク)』が建国したトルコ共和国の首都であり、
中央アナトリアの中心に位置している『Ankara(アンカラ)』
現代都市の姿を備えている『Yenisehi(イェニシェヒル)』地区よりも
過去の情景がそっくりそのまま残った建物や狭い道路が特徴の『Ulus(ウールス)』地区は、
トルコ独特の雰囲気を感じることができる。

びっしりと並んでいる古い建物の情感ある路地の間に、今は子供たちの笑い声の代わりに銃声が響いている。
既に殆どの地域は、BLACK LISTの強襲によって焦土とかしている状態で、
『Ankara(アンカラ)』の『Ulus(ウールス)』地区と幾つかの少数地区だけが
GLOBAL RISKとトルコ正規軍の防衛拠点として残存している状態だった。

GLOBAL RISKの精鋭部隊が支援を来るまで持ちこたえることができる余力もあまり残っていない状態である。
先日、トルコ当局は、『Ankara(アンカラ)』で行われるガス状の麻薬取引に関する情報を入手し、
GLOBAL RISKに依頼して掃討作戦を展開した。

しかし、それは麻薬ではなく、新型の化学兵器であり、BLACK LISTが関与していた。
作戦は成功だったが、数時間経たないうちにBLACK LISTの大々的な攻撃が開始されており、
これまでにない銃撃が休むことなく続いている...